阪大外国語学部ラグビー部のOfficial Blog。


by oufs_rfc

時間割について

こんばんは!インドネシア語専攻1回生の山中篤です🇮🇩合格おめでとうございます!!!🎉
今日は時間割について話したいと思います☺️。

時間割と言っても、今の時期にしないといけないことはなにもないので、全然焦らなくてOKです!
気になる人だけ読んでください☺️。

まず、覚えおいてほしいのが外国語学部の1年次には自分の専攻語の授業が週5コマあります。専攻語の授業は全て自動で時間割表に組み込まれます。この授業を1つでも落としてしまうと留年してしまいます😨。本当にしてしまうので、テストの前ぐらいは頑張って勉強しましょう。学年末に進級してSNSに喜びの声を投稿する人達いますが、進級などは学業が本分である大学生にとって当然のことですので、留年の心配につきまとわれないようにしましょう😤。

また、専攻語以外に取らないといけない授業があって、それは情報、体育、英語、一般教養の4つです。これらの授業で合計26単位とらなければなりません。これらの授業は取れなくても次の年に持ち込すことができますが、豊中でしか開講されず、後々面倒くさくなってくるので、できるだけ1年のうちに全てとっておきましょう。それでは順に書いて行きます。

・情報(1授業2単位)
この授業は半期の授業で、専攻語によって前期か後期のどちらかにあります。毎週ちゃんとワード・エクセルの入力を行い最後にパワポで発表を行えば必ず単位はもらえます。この授業も自動で時間割に組み込まれます。

・体育(1授業1単位)
この授業は前期と後期の両方にあり、月曜1限か木曜4限にあります。これも専攻語によって異なります。基本的に行くだけで単位はもらえます。この授業も自動的に時間割に組み込まれますが、初めの授業で自分のやりたい科目を選びます。座学、ソフトボール、ハンドボール、テニス、バドミントン、バレーボールなど色々あり、好きなものを選べばOKです。

・英語(1授業1単位)
外国語学部生用の英語の授業はインテグと呼ばれています。前期と後期それぞれに日本人と外国人の先生の授業を1個ずつ取らなければなりません。先生によって単位の取りやすさが全然違うのでラグビー部の生徒に聞きましょう。この授業は自分で選んで時間割に組み込まれます。

・一般教養(1授業2単位)
大学生にパンキョーと呼ばれ親しまれている授業です。パンキョーの中でも基礎教養、現代教養、国際教養、先端教養などの種類に分かれていて、〇〇教養を何単位取らなければならないと決まっているので気をつけてください。本当に色々な授業があります。パンキョーの取り方は学校生活にかかわってくるので、楽な授業やその他気になることがあればなんでもオリエンテーションやサークルオリエンテーションの時にラグビー部員に聞いてください!外国語学部の団体のなかでもラグビー部が1番色々な専攻語の生徒がいると思うのでそれぞれの専攻語のニーズにあった回答が得られると思います。前期で頑張って6個ぐらい取れば、後期は2,3個取れば大丈夫です。

長文になりましたが、以上のことを頭の片隅に入れて学校に来てくれればバッチリです👍。僕はサークルオリエンテーションなどにあまり行かないで自分で時間割登録を行ってとても後悔しました。だから絶対に時間割は誰か先輩に聞いて決める方がいいと思います。本当にこれにつきます。

b0167549_22190912.jpg


上の写真は先日僕の家した焼肉の様子です。とても楽しそうですね😄。こんな面白そうな人達ラグビーをすれば大学生生活は楽しいこと間違いなしです。あと、就職にもいいらしいです。みなさんと会うのを楽しみにしています!!

それでは、Sampai bertemu lagi!!!!👋


[PR]
by oufs_rfc | 2017-03-19 19:45