阪大外国語学部ラグビー部のOfficial Blog。


by oufs_rfc

熱い男が二次試験の英語対策教えるよ✌️

b0167549_14192994.jpg



受験生の皆さんこんにちは!大阪大学外国語学部ラグビー部1年の木村崇です。

センター試験が終わってもう1週間が経ちますね。ホントにホントに、お疲れ様でした。思い通りの結果だった人もそうでない人も、そろそろ気持ちの整理はついたでしょうか?

さて。さっそく二次試験の対策を始めないといけませんね(まだ出願を迷っている人はじっくり考えないといけませんが…)。





なんといっても大阪大学外国語学部は二次勝負!さらにその配点の6割を英語が占めていますよね。なので今日はその英語の問題についてお話したいと思います。




今日お話したいのは効率よく英語で得点を稼ぐための「時間配分」!参考になるか分かりませんが、昨年の私の時間配分を紹介します。

基本的に…
英文和訳 20分
長文読解 50分
自由英作文 10分
課題英作文 10分
リスニング 30分

では少し本番をシミュレーションしてみましょう。





試験開始!


まずリスニングの問題に目を通します。ついでに自由英作文の問題を確認しておくのもいいかもしれません。


さあ、解き始めます。初めの英文和訳は2題なので片方10分を目指して解きます。
長文を読み始めてそろそろ開始30分経過…、この辺でリスニングが始まります。
長文が最も配点が高いと考えられるのでここはじっくり解きます。長大な文章!正念場ですね。


残り20〜30分くらいになったら自由英作文・課題英作文に取り掛かります。私は課題英作文からやりました。
最後に自由英作文。出来るだけ時間をかけて内容を練り、書き上げて完成!


…参考になるでしょうか?





もちろん自分の時間配分は自身の得意不得意を考えて決めるべきですが、その際に私の経験を参考にしてもらえたら幸いです。



最後に。受験期といえば誰しも気持ちが「病んで」しまうもの。今から二次までの約1ヶ月、本当に長いと思います。



もしも病んでしまったとき、こう考えてください。余裕で合格する受験生なんていません。あなたが病んでいるとき、他の受験生も皆んな病んでいます。皆んなが病んでペンを投げ出したとき、もしあなたが歯を食いしばってペンを握れば、そのときライバルと「差」がつきます。



つまり、病んだときこそ、周りに差をつけるビッグチャンス!!



まとまりのない文章になってしまいましたが最後まで読んでもらってありがとうございました。



外国語学部ラグビー部一同、心から皆さんを応援しています。来年の春、新歓で皆さんにご飯を奢るのが本当に楽しみです。あと少しで夢が叶います!頑張れ!受験生!!
[PR]
by oufs_rfc | 2017-01-22 13:48